まずはTOEICを受ける意味を考えてみよう

英語系の資格の中で英検と同じくらい人気があるのがTOEICです。受験を目指す人数も年々増えていて、国際的な知名度もあるテストなので海外でも通用する資格としても人気です。しかし、周囲の人がみんな受けているから自分も何となくやってみたいという曖昧な理由で勉強を始めても長続きせず、目標を持たずに始めると具体的にどんな学習をすればよいのか見当もつきません。受験を目指すなら、最初に何のために受けるのか、どれくらいのスコアを目指したいのか、自分の将来にとってどんなメリットがあるのかなど受ける意味を考えてみることが必要です。具体的な意味がはっきり分かっていれば勉強をする方法もしっかりと決められて、モチベーションもアップするので英語力を高めるために役立ちます。

受験や就職など具体的な目標を決める

高校受験や大学受験などで一定のスコアを持っていると英語の試験が免除される学校があるので、受験対策として受けておけば勉強の負担を軽減できるケースもあります。企業の中には採用試験で特定のスコアを持っていないと受験資格が得られなかったり、部署によっては高いスコアがなければ昇進できないという場合もあるので必然的に受験しなければいけないこともあります。必須ではなくても、受験や就職のために履歴書を用意するとき資格の欄にTOEICのスコアを記入しておくと自分の英語力をはっきり示すことができて、国際的にも通用する資格なので英検だけを持っているよりも有利になります。留学時にも英語のクラス分け試験を免除されたり受験科目を減らせるメリットがあるので将来海外に行きたい人は早めに受験しておきましょう。

趣味で英語の勉強をするときの指標にもおすすめ

学校の勉強や就職、転職などに関係なく趣味や教養として英語力を高めるために勉強している人もたくさんいます。独学だと定期的なテストがないので実際にどれくらいレベルアップしたのか、自分の弱点はどこなのか、などが分からず行き詰ってしまうこともあるので、自分のレベルを知るためにTOEICを受けるのも有効です。結果通知の書類にはどの分野が高スコアでどこの点数が低いのかはっきり示されていて、弱点克服や長所を伸ばすための指標として使えます。試験があると独学で勉強をするときの目標にもなってやる気が出るほか、昇進や転職のために後から役立つこともあり損がありません。実践的な英語力が身に付くので趣味で海外旅行に行くときにも勉強で得たスキルを活かすことができて便利です。

日曜日には講師による学習カウンセリングを実施。 授業内容と教材の質を常に最高のレベルに保つ様に努力し、本物の英語力を身に着ける努力を続けた実績が有ります。 法人会員の方は入学金免除。さらに1タームに1回TOEIC IPテストが無料で受験可能。 当スクールは講師や教材や試験における受講生の得点アップの実績などが認められ全国最優秀校に選ばれました。 TOEICの得点アップを狙うならこちら